砂糖の摂取を抑えて虫歯予防

砂糖の摂取を抑えて虫歯予防

子供の虫歯予防を考える上で糖分を控えるということは前提としてある人も多いと思いますが、お菓子など糖分が多く含まれている食事をすると虫歯になりやすいというのは定説であり、実際に糖分の過剰摂取によって虫歯になりやすくなると言われています。

 

しかし、糖分を控えたからといって必ずしも虫歯にならないというわけではなく、子供の虫歯予防のためにお菓子を止めても虫歯になってしまう場合は簡単に虫歯になってしまうのが普通です。

 

虫歯予防を考える場合は前提として虫歯になる原因を抑えるということも必要になりますが、虫歯になる原因は一つだけでなくいろいろあるので、甘いものを抑えるだけでは十分に虫歯の予防はできません。

 

甘いものを食べると虫歯になるのは虫歯の原因細菌が活発化することが理由になっているわけなので、甘いものを食べなくなっても虫歯の原因となる細菌が減るわけではありません。

 

虫歯の原因細菌が減ることによって本当に意味での虫歯予防に繋がってくることから、虫歯の原因細菌についてきちんと理解して対策を進めて行くというのがポイントになります。

 

また、甘いものを食べた後はきちんと親が指導をして歯磨きをするというのも大切なことで、丁寧に歯磨きをすることによって歯のトラブルを減らすことができます。

 

子供に歯磨きをすることに対しての抵抗感を減らしてもらうということも歯磨きをする上では重要なポイントで、まずは興味を持ってもらうところから始めましょう。

 

 

関連ページ

歯の抵抗力を高めて子供の虫歯予防
歯の抵抗力を高めて子供の虫歯予防について書いていきます。歯の抵抗力を高めることにより、自然と歯を強化させることにより、虫歯予防することが出来ます。基本としては、歯磨きをする事が大切ですが、歯磨き粉にもこだわってみるとより良いです。
キシリトールで子供の虫歯予防
キシリトールで子供の虫歯予防についてご紹介いたします。キシリトールは虫歯予防として効果が高いといわれています。商品としても手軽に購入でき、ガムやタブレットなどでも販売されています。ただ、キシリトールでも虫歯予防で使用するためには条件がありますので、注意が必要となってきます。
バランスの良い食生活で虫歯予防
バランスの良い食生活で虫歯予防についてご紹介していきます。甘いお菓子は歯垢が出来やすいので、虫歯になりやすいように、食生活でもバランスのとれた食事をする事が大切です。その上で、適切なブラッシングをしていくとよいでしょう。
デンタルフロスの使用
デンタルフロスの使用についてご紹介いたします。虫歯予防に外国でよく使われているのが、デンタルフロスです。日本では糸ようじとも言われています。歯磨きの後にデンタルフロスをすることになり、手間はかかりますが、歯磨きで落ちなかった汚れを落とすことも出来ますので、それだけ虫歯になりにくくなります。
磨き残しをチェックする
磨き残しをチェックすることも虫歯予防にとって重要です。特に子供は歯磨きがなれていないので、両親がチェックするといいですね。