キシリトールで子供の虫歯予防

キシリトールで子供の虫歯予防

子供の虫歯予防の方法の一つとしてあるのがキシリトールの使用で、キシリトールというのは虫歯予防に対して高い効果を発揮する成分としても知られており、ガムやタブレットなどさまざまなタイプがあります。

 

子供の虫歯予防に対してキシリトールが必要である理由としては唾液の分泌を促す効果があることが理由として大きくなっており、食べ物を噛んだ時に出てくる唾液というのは虫歯菌を洗い流す成分として重要な役割となっています。

 

言い換えれば唾液の量が減ってくると虫歯になりやすい状態が作られるということになるのですが、実際に唾液の分泌が減少することによって虫歯になりやすい状態が作られると言われています。

 

キシリトールは甘味料になるので、口内に入ってくると味覚を刺激することによって唾液の分泌を促す働きがあるわけですが、この甘味料は虫歯菌の生成を促すこともないので虫歯を抑制することができるということにも繋がります。

 

子供の虫歯予防をするためのポイントになってくるのは歯磨きをする際に使用する歯磨き粉になりますが、歯磨き粉にはさまざまな成分が含まれていて歯に対して与える効果も高いと言われています。

 

また、キシリトールだけでなく他にもフッ素など虫歯予防に対して効果を発揮すると言われている成分はたくさんあるので事前に確認しておくようにしましょう。

 

虫歯菌の数を相対的に減らすためにも日頃の口腔ケアをしっかり子供に行うことも意識的に必要です。

 


 

関連ページ

歯の抵抗力を高めて子供の虫歯予防
歯の抵抗力を高めて子供の虫歯予防について書いていきます。歯の抵抗力を高めることにより、自然と歯を強化させることにより、虫歯予防することが出来ます。基本としては、歯磨きをする事が大切ですが、歯磨き粉にもこだわってみるとより良いです。
バランスの良い食生活で虫歯予防
バランスの良い食生活で虫歯予防についてご紹介していきます。甘いお菓子は歯垢が出来やすいので、虫歯になりやすいように、食生活でもバランスのとれた食事をする事が大切です。その上で、適切なブラッシングをしていくとよいでしょう。
砂糖の摂取を抑えて虫歯予防
砂糖の摂取を抑えて虫歯予防についてご紹介していきます。砂糖を抑えれば虫歯にならないわけではありませんが、糖分は虫歯菌を活発化してしまいますので、砂糖を抑える事は虫歯予防に有効ではあります。
デンタルフロスの使用
デンタルフロスの使用についてご紹介いたします。虫歯予防に外国でよく使われているのが、デンタルフロスです。日本では糸ようじとも言われています。歯磨きの後にデンタルフロスをすることになり、手間はかかりますが、歯磨きで落ちなかった汚れを落とすことも出来ますので、それだけ虫歯になりにくくなります。
磨き残しをチェックする
磨き残しをチェックすることも虫歯予防にとって重要です。特に子供は歯磨きがなれていないので、両親がチェックするといいですね。