楽しみながら歯磨きをする

楽しみながら歯磨きをする

子供の歯磨きを徹底しようとすればするほど子供は歯磨きをすることに対して抵抗感を持つようになると言われており、これは歯磨きを何の為にするのか分からないことが理由として大きくなっています。

 

子供の歯磨きをする上でのポイントになってくるのは楽しみながら歯磨きをするということですが、楽しみの気持ちを持つことによって歯磨きの時間が苦痛ではなくなってきます。

 

歯磨きで楽しむポイントにはいろいろありますが、顔を合わせながら歌を歌うなども有効な方法で意外と目と目があった状態が続くということは日常生活では少なくなっているので、目が合っているという状況を利用して楽しむということもポイントになります。

 

また、歯磨きを一つのコミュニケーションの時間と捉えることもできますが、子供とスキンシップを図ることができる貴重な時間であるということを親が感じることによっても子供も自然と嬉しい気持ちになります。

 

子供の虫歯予防で歯磨きが大切であるということが分かるのは小学生になった頃からで、それまでは歯磨きの時間に対して魔の時間であるというイメージを持っている人もいます。

 

虫歯予防は歯ブラシや他にも歯磨き粉選びなどがポイントになってくるので事前に把握しておくことも必要です。

 

また、歯磨きは継続して行うものになるので少しずつ変化をつけながら歯磨きの方法を柔軟に変えていくということもポイントで、歯磨きの仕方によって子供が受ける感覚というのもかなり変わってきます。

 


 

関連ページ

歯磨き粉の味について
歯磨き粉の味についてご紹介していきます。小さい子供は口に異物が入るのがストレスになるので、歯磨きすることを拒みます。そんな時は、味のある歯磨き粉を使ってみましょう。いちご味やぶどう味などいろいろな味の歯磨き粉が発売されています。飽きないようにいろいろ変える工夫も大切です。
フッ素入りの歯磨き粉について
フッ素入りの歯磨き粉について考えていきたいと思います。ここでは、フッ素が子供の体に良いかどうかは難しい問題になりますので、とりあえず置いておいて、フッ素が歯にとってどのような働きをするかをご紹介していきたいと思います。
歯磨きの動画を見る事について
歯磨きの動画を見る事についてご紹介いたします。子供は歯磨きをする事を嫌がりますので、動画を見ることで楽しく歯磨きをする事ができます。歯磨き関連動画もたくさんありますので、どのような歯磨き動画に興味を持つのか事前に把握しておくとよいでしょう。
子供に歯磨きの大切さを教える
子供に歯磨きの大切さを教える事ついて書いていきます。子供が小さい頃は、歯磨きに対して抵抗感を持つ子供が多いです。ですので、しっかり歯磨きの大切さを教える必要があります。歯磨きの大切さを理解できれば、歯磨きをすることも苦ではなくなりますので、それまでは、繰り返し教えるようにしましょう。
子供への歯磨きの強要について
子供への歯磨きの強要についてご紹介いたします。子供に歯磨きを強要すると、ますます嫌いになるだけですし、トラウマになる場合もありますので、あまりオススメできません。それよりも、いかに好きになってもらうかを考えるのが良いでしょう。