歯磨きの仕上げについて

歯磨きの仕上げについて

子供の虫歯予防を始めるタイミングとしては新しく歯が生えてきたタイミングが虫歯予防のタイミングと言われており、乳児の頃からしっかり歯磨きをすることが虫歯予防をするためのポイントになります。

 

子供の虫歯予防で歯ブラシを使って歯磨きをするポイントとしては磨き残しの部分をできるだけ減らすためにも細かい部分を中心に歯磨きをするということが基本になり、大人と違って子供の歯はかなり小さいので磨いているつもりでいてもしっかり磨くことができてないことがあります。

 

また、子供が一人で歯磨きをすることができるようになってもすべての工程を一人でさせるのではなく最後の仕上げの部分についてはきちんと親が見て仕上げをする必要があります。

 

日頃から歯磨きに関するアニメ用のDVDなどを見せていると 自然に歯磨きすることに対して興味が出てくるようになり、自分から進んで歯磨きをするようにもなってくるので習慣化させるということもポイントになります。

 

また、子供の虫歯予防を避けるためには食生活のバランスを考えるということも必要ですが、食生活が乱れてしまっているとどうしても虫歯になりやすい状態を作ってしまうことになるので注意が必要です。

 

歯医者に行って医師に診てもらうことで歯磨きの指導を受けることなどもできるので、日頃から歯磨きをしていても虫歯などが発生しやすい状態になっている場合は親自身も歯磨きの指導を受けて仕上げについても考える必要が出てきます。

 


 

関連ページ

子供の虫歯予防に重要な歯磨き
子供の虫歯予防に重要な歯磨きについてご紹介いたします。子供の虫歯予防には、まずは適切なブラッシングが重要です。どんなに良い歯磨き粉を使用しても、ブラッシングができていなければ、虫歯を防ぐことはできません。もちろん、その次には、歯ブラシや歯磨き粉選びも重要です。食生活も見直すをさらによいでしょう。
歯磨きの体勢について
子供の虫歯予防の歯磨きの体勢についてご紹介していきます。子供が小さい頃は、頭を膝に乗せて歯磨きをする方が多いと思いますが、徐々に座ってする方も増えてくるようです。とにかく、若い頃からしっかり歯磨きの習慣をする事が大切です。
マイブラシについて
子供の虫歯予防のためのマイブラシについて書いていきます。小さな子供は歯磨きの意味がまだわかっていないので、歯磨きは苦痛でしかありません。しかし、マイブラシを選ばせて買ってあげれば、少しは興味がわくかもしれません。とにかく歯磨きをさせてくれるように持っていくことが重要です。
歯磨きの頻度について
子供の虫歯予防のための歯磨きの頻度についてご紹介いたします。歯磨きの頻度は、普通1日2回または3回となっています。しかし、子供の虫歯予防を考えると、食べた後には歯磨きをする習慣の方が基本的には良いです。また、口内環境を整えるということも大事になってきます。
子供の歯ブラシの選び方
子供の歯ブラシの選び方についてご紹介いたします。子供の歯ブラシは成長と共に変わっていきますので、その時に合った歯ブラシを使うと良いです。まずは歯医者さんに相談してみましょう。また、少し大きくなれば自分で選ばせることによって歯磨きしたくなるように持っていくのも良いでしょう。