子供の歯ブラシの選び方

子供の歯ブラシの選び方

子供の歯ブラシの選び方のコツとしては種類がたくさんあるので子供の歯の状態にあった歯ブラシを選んで買うこともポイントになりますが、デザインだけでなく歯ブラシの硬さなどもポイントになります。

 

歯ブラシには固いタイプのものや軟らかいタイプのもの、それぞれの中間地点にあたる普通タイプの歯ブラシなどもありますが、せっかく虫歯予防のために歯磨きをしていても歯ブラシが合ってないことによって歯のトラブルが発生することもあります。

 

子供の歯ブラシの選び方で自己判断が難しいという場合は歯医者に足を運んでアドバイスをもらうというのも方法としてありますが、歯医者であれば歯にきちんと合っているタイプの歯ブラシを選んでもらうことができるので安心できます。

 

また、歯ブラシの毛先については平たいタイプのものを選んで、なおかつ太めのものを選ぶというのもポイントになりますが、このような形ものは一見すると歯が磨きにくいようなイメージがあるものの、歯垢をしっかり除去することができるようになっています。

 

毛先の太さについては太めのものを選ぶということもポイントになりますが、最近は細いものが流行していることもあって逆行しているような感じがあるものの、毛が細いタイプというのは清潔面であまり良くありません。

 

赤ちゃんのうちは歯磨きをするのが難しいのでガーゼなどを使って歯の汚れを除去するというのが一般的になっており、月齢などでも対策方法は異なってきます。


 

関連ページ

子供の虫歯予防に重要な歯磨き
子供の虫歯予防に重要な歯磨きについてご紹介いたします。子供の虫歯予防には、まずは適切なブラッシングが重要です。どんなに良い歯磨き粉を使用しても、ブラッシングができていなければ、虫歯を防ぐことはできません。もちろん、その次には、歯ブラシや歯磨き粉選びも重要です。食生活も見直すをさらによいでしょう。
歯磨きの体勢について
子供の虫歯予防の歯磨きの体勢についてご紹介していきます。子供が小さい頃は、頭を膝に乗せて歯磨きをする方が多いと思いますが、徐々に座ってする方も増えてくるようです。とにかく、若い頃からしっかり歯磨きの習慣をする事が大切です。
歯磨きの仕上げについて
歯磨きの仕上げについて書いていきたいと思います。子供は、歯が生えてきた時点で歯磨きをする事が虫歯予防に良いとされています。しかし、子供は一人で歯磨きをすることは難しく、やはり親が歯磨きの仕上げをしてあげる必要があります。子供が仕上げ歯磨きを嫌がらないような工夫をしてあげる必要があります。
マイブラシについて
子供の虫歯予防のためのマイブラシについて書いていきます。小さな子供は歯磨きの意味がまだわかっていないので、歯磨きは苦痛でしかありません。しかし、マイブラシを選ばせて買ってあげれば、少しは興味がわくかもしれません。とにかく歯磨きをさせてくれるように持っていくことが重要です。
歯磨きの頻度について
子供の虫歯予防のための歯磨きの頻度についてご紹介いたします。歯磨きの頻度は、普通1日2回または3回となっています。しかし、子供の虫歯予防を考えると、食べた後には歯磨きをする習慣の方が基本的には良いです。また、口内環境を整えるということも大事になってきます。