胎児の歯について

胎児の歯について

胎児の歯

子供の虫歯予防をする場合は子供の歯の性質をきちんと理解する必要がありますが、大人の歯と違って子供の歯はトラブルが起こりやすいと言われており、大人と同じ感覚で虫歯予防をすることはあまり良いことではありません。

 

また、子供の歯は胎児の頃から既に質が決まっているとも言われており、胎児がお腹の中にいるタイミングから乱れた食生活などを送っていると、それが原因となって虫歯になりやすい歯の質になってしまうこともあると言われています。

 

子供の虫歯予防の方法にはいろいろあるので、事前にきちんと歯の状態をチェックしてからケアをする必要があり、それにあわせて虫歯にならないように歯の質を改善していく必要があります。

 

また、妊娠をしている場合も胎児が受ける歯の影響などについて不安に思うことがある場合は事前に医師に相談しておくということも大切で、生まれてからもできるだけ虫歯にならないような状態を作ってあげたいものです。

 

虫歯になると歯の痛みだけでなく子供の場合だと治療もかなり恐怖を伴うものになるので、できれば虫歯になってしまうのは避けたいところだと思います。

 

子供の虫歯予防の基本と言われているのが歯磨きですが、単に磨いているだけではしっかりした虫歯予防の効果を得ることはできないので、虫歯にならないようにするための歯磨きというのも心がける必要があります。

 

歯の健康を保つためには歯磨きだけでなく生活習慣もかなり重要になってくるということを意識しておく必要もあります。

 


 

関連ページ

子供の歯の特徴について
子供の歯の特徴についてご紹介いたします。子供の歯は大人と違って、思った以上に繊細で弱く、虫歯菌に対しても弱いという特徴を持っています。また、大人の歯は、乳歯の状態が影響するとも言われていますので、乳歯といえども、きちんとしたブラッシングケアが必要になってきます。
虫歯と関係が深いミュータンス菌について
虫歯と関係が深いミュータンス菌についてご紹介いたします。虫歯になる場合の多くの原因はミュータンス菌によるものとなっています。虫歯予防を考える場合は、ミュータンス菌をいかに抑えるかが、一つのポイントとなってきます。歯のトラブルには早めの対応が重要になってきます。
虫歯の進行状態について
虫歯の進行状態についてご紹介いたします。子供の虫歯を早期に食い止める為にも、虫歯の進行状態について知っておいたほうが良いです。最初は自覚症状がない為、定期的に子供を歯医者さんに連れて行って診てもらうというのも一つの選択肢です。とにかく早めのケアが大切となってきます。
虫歯になりやすい部分について
虫歯になりやすい部分についてご紹介いたします。子供の虫歯予防を考える上で、どの部分が虫歯になりやすいかを知っておくのはとても重要です。やはり定期的に、歯医者さんで診てもらい、磨けていない部分を教えていただくのも良い方法です。もちろん、歯磨きする習慣をつけることが最も大切となってきます。
大人の唾液が原因になる事があります
大人の唾液が原因で虫歯になる場合についてご紹介いたします。子供の虫歯になる要因の一つが大人の唾液となります。他にも様々な原因がありますが、食べ物や飲み物に口をつけて子供にあげるのは辞めたいですね。