虫歯と関係が深いミュータンス菌について

虫歯と関係が深いミュータンス菌について

虫歯と関係が深いミュータンス菌

 

虫歯が発生するメカニズムを考えた場合にミュータンスという口内細菌による影響はかなり大きくなっており、大人であれば子供の頃に歯のことを学習する際に黴菌の姿をした絵などを見ていると思うのでイメージとしては残っていると思います。

 

口内には数多くの細菌が棲息されていると言われているものの、その中で歯の健康に大きく関係してくる細菌についてはミュータンスとラクトバチラス菌で、歯磨きをしっかりしてないなどの理由から虫歯になる場合は原因の多くがミュータンスになっています。

 

子供の虫歯予防を考える場合はミュータンスの生成を抑制するということもポイントの一つになってきますが、ミュータンスが増えてくると歯のトラブルを増やすことにも繋がるので注意が必要です。

 

子供の虫歯予防の基本になると言われているのが歯磨きですが、最近は歯磨き粉の中にもミュータンスなどの細菌を取り除くことができるタイプのものが増えているので、これを使用することによって口内環境を整えて虫歯予防をすることができるようになっています。

 

子供の虫歯予防の方法にはいろいろあるので、その時の状況にあわせて親が判断して考える必要がありますが、医療機関で診てもらって指導を受けるというのも有効な方法としてあります。

 

いずれにしても歯にトラブルが見られる場合は早期対応が功を奏す場合がほとんどになっているので、早めに対応することができるように心がける必要性も出てきます。

 


 

関連ページ

子供の歯の特徴について
子供の歯の特徴についてご紹介いたします。子供の歯は大人と違って、思った以上に繊細で弱く、虫歯菌に対しても弱いという特徴を持っています。また、大人の歯は、乳歯の状態が影響するとも言われていますので、乳歯といえども、きちんとしたブラッシングケアが必要になってきます。
虫歯の進行状態について
虫歯の進行状態についてご紹介いたします。子供の虫歯を早期に食い止める為にも、虫歯の進行状態について知っておいたほうが良いです。最初は自覚症状がない為、定期的に子供を歯医者さんに連れて行って診てもらうというのも一つの選択肢です。とにかく早めのケアが大切となってきます。
虫歯になりやすい部分について
虫歯になりやすい部分についてご紹介いたします。子供の虫歯予防を考える上で、どの部分が虫歯になりやすいかを知っておくのはとても重要です。やはり定期的に、歯医者さんで診てもらい、磨けていない部分を教えていただくのも良い方法です。もちろん、歯磨きする習慣をつけることが最も大切となってきます。
大人の唾液が原因になる事があります
大人の唾液が原因で虫歯になる場合についてご紹介いたします。子供の虫歯になる要因の一つが大人の唾液となります。他にも様々な原因がありますが、食べ物や飲み物に口をつけて子供にあげるのは辞めたいですね。
胎児の歯について
胎児の歯についてご紹介いたします。胎児の歯というのは、トラブルが起こりやすいといわれているので、注意が必要です。また、胎児の歯は、胎児がお腹の中にいる時に乱れた食生活をしていると、それが影響して虫歯になりやすい歯になるとも言われています。日常の生活習慣が重要となってきます。