子供の歯の特徴について

子供の歯の特徴について

子供の歯の特徴

子供の歯は乳歯がメインになっており、将来的に乳歯はすべて抜けて永久歯に生え変わるという仕組みになっています。

 

このように大人の歯にいつかは生え変わるわけなので中には乳歯の子供に対してそこまで神経質に子供の虫歯予防をする必要がないと考えている人もいるのですが、乳歯だからこそしっかり虫歯予防をすることが大切だと言われています。

 

これは大人の歯に対して乳歯の歯の状態が影響することも理由になっているのですが、なおかつ乳歯の歯であっても虫歯ができると痛みを伴って治療をする必要性が出てくることを考えると、きちんと虫歯予防を日頃からする必要があります。

 

ちなみに歯が生えてきたタイミングからしっかり歯磨きをしているという親御さんも多いと思いますが、子供の歯の特徴にきちんとあわせた歯磨きをする必要があり、これがきちんとできていないと歯のトラブルを増やしてしまう可能性も出てきます。

 

子供の歯は大人が思う以上に繊細で弱く、虫歯菌に対しての耐性が弱いという特徴などもあるのでしっかり歯の状態に合わせてケアをするということが重要になってきます。

 

また、子供の歯の管理をする親自身も子供の歯の特徴についてしっかり理解してケアすることが必要で間違ったケアになるとトラブルが増えるということも意識しておく必要があります。

 

歯は食事をするだけでなく体のバランスを保つためにも必要なものなので日頃からしっかり意識して歯の健康を考える必要もあります。

 


 

関連ページ

虫歯と関係が深いミュータンス菌について
虫歯と関係が深いミュータンス菌についてご紹介いたします。虫歯になる場合の多くの原因はミュータンス菌によるものとなっています。虫歯予防を考える場合は、ミュータンス菌をいかに抑えるかが、一つのポイントとなってきます。歯のトラブルには早めの対応が重要になってきます。
虫歯の進行状態について
虫歯の進行状態についてご紹介いたします。子供の虫歯を早期に食い止める為にも、虫歯の進行状態について知っておいたほうが良いです。最初は自覚症状がない為、定期的に子供を歯医者さんに連れて行って診てもらうというのも一つの選択肢です。とにかく早めのケアが大切となってきます。
虫歯になりやすい部分について
虫歯になりやすい部分についてご紹介いたします。子供の虫歯予防を考える上で、どの部分が虫歯になりやすいかを知っておくのはとても重要です。やはり定期的に、歯医者さんで診てもらい、磨けていない部分を教えていただくのも良い方法です。もちろん、歯磨きする習慣をつけることが最も大切となってきます。
大人の唾液が原因になる事があります
大人の唾液が原因で虫歯になる場合についてご紹介いたします。子供の虫歯になる要因の一つが大人の唾液となります。他にも様々な原因がありますが、食べ物や飲み物に口をつけて子供にあげるのは辞めたいですね。
胎児の歯について
胎児の歯についてご紹介いたします。胎児の歯というのは、トラブルが起こりやすいといわれているので、注意が必要です。また、胎児の歯は、胎児がお腹の中にいる時に乱れた食生活をしていると、それが影響して虫歯になりやすい歯になるとも言われています。日常の生活習慣が重要となってきます。